モノ作り大国愛知で知的財産に強い弁護士を探すには

>

知的財産に強い弁護士

法テラスの利用

知的財産について、具体例を挙げながらご紹介してきました。

実際に相談窓口を検索すると、よく「法テラス利用可」の記述があることに気付きます。
ここでは弁護士を探す法の補足として、法テラスについてもふれておきます。

法テラスとは、案件によってはなかなか相談窓口がダイレクトに見つけられない場合に、道案内をしてくれる公的機関です。
また、相談者が経済的に困窮している場合には、無料で相談や諸手続きに応じてもらえることもあります。

知的財産についても、実際当事者となったら、これは民事なのか刑事なのか、どのように相談を始めたらいいのかなど、迷ってしまうかもしれません。

弁護士探しと同時に法テラスを利用することは、解決への有効な手段といえるでしょう。


弁護士を探す法

ここまで、主に知的財産をひもとく作業をしてきました。
このような知的財産に強い弁護士を探すには、どのようにしたら良いのでしょうか。

日本の弁護士組織の総本山は、日本弁護士連合会、通称「日弁連」です。
日本の弁護士は全員、加入しています。
そしてその下に、各弁護士会があります。
弁護士会は、基本的には地方裁判所の管轄地域ごとに一つ、設置されています。
ちなみに愛知は、愛知弁護士会になります。

スタンダードな方法としては、愛知弁護士会にまず相談するのが良いでしょう。
場合によっては、法テラスも同様に訪れてみるのも一手です。

他にも、インターネットでサイト検索してみるのも現代的です。
ちょっと意外なところでは、法律相談のラジオ番組に投稿してみる、なんていうのもあります。

地元に根を張り経験豊富な、あるいは熱意をもって仕事にまい進するような弁護士を、モノ作り大国愛知で見つけることが出来ると思います。


TOPへ戻る