モノ作り大国愛知で知的財産に強い弁護士を探すには

>

権利を悪用されない

著作権の難しさ

知的財産は、機械のような製品だけが対象ではありません。
著作物が対象の、著作権も含まれます。
著作権は、創作されたもの、個性が表現されたものに発生します。

日頃目に付きやすいところで例えるならば、物のデザイン。
雑貨などのデザインは、著作権法上の対象ではないので、似たようなものが流通しているからといって、相手の製品の販売を停止したりするまでは、なかなか難しいそうです。

著作権の中では侵害を主張するのは難しいのですが、他には意匠登録という方法もあります。
意匠を出願、登録しておけば、トラブルは軽減されるようです。
争うだけでなく、相手が侵害を認め、それでも販売の継続を希望する場合には、ライセンス契約を結ぶという手段も考えられます。

不正競争防止法にも

著作権と同様に知的財産を守る手立てとして、不正競争防止法があります。
こちらも製品の真似を監視する他、競争相手を陥れることにも触れています。
故意に競争相手に不利な情報をばら撒くことなどです。

偽物で質の悪い製品が流通すると、消費者も安心して購入することが難しくなります。
そうならないように、正当な経済活動や競争が行われる為の法律です。

愛知を代表する自動車産業にしても、産業スパイに技術を盗まれたり、安全に問題のある偽物が流通したら、大変なことになります。
時に人命に関わる事故にもなりかねません。
また一方で、巨大な雇用を揺るがす問題にもなるかもしれません。

愛知で知的財産に強い弁護士を探すことは、とても重要でしょう。


TOPへ戻る