モノ作り大国愛知で知的財産に強い弁護士を探すには

>

モノ作り大国と知的財産

特許権侵害の恐れを感じたら

知的財産の一つに、特許権があります。
例えば、製造物の製法など。
それらしき製品を見かけてしまったら、特許権侵害の恐れを感じたら、どのように対処すればいいのでしょうか。

弁護士に相談すると、まずは確かに権利を侵害されているのか、検討する作業に入ります。
専門家でないと分からない判断箇所が、あるようです。

その上で侵害の可能性が高いと判断すると、相手企業に警告書を送ります。
そして相手の応対次第で、侵害した製品の販売や輸入を停止したり、あるいは起訴や示談を選択したりとなっていきます。

相談に乗ってくれる弁護士は、愛知にも多くいるようです。
場合によっては、愛知、岐阜、三重の東海三県をまたいで広く活動している弁護士もいるそうです。

警告書が送られてきたら

逆に、例えば自社が製造業だったとして、警告書が送られてくることがあるかもしれません。
その場合も、弁護士が頼もしい存在となるでしょう。

まずは、警告書の内容が有効なものかどうか、検証するところから始まります。
警告書が発行されたからと言って、必ずしも侵害に当たっているとも限りません。
見解の相違もあるかもしれません。
内容によっては、その警告が無効であると主張することも出来ます。

弁護士と一口に言っても、それぞれ得意な分野があります。
借金問題、離婚問題、相続問題、最近ではインターネットトラブル問題などなど。
その中で、知的財産問題を得意とする弁護士もいます。

モノ作り大国で揉まれた、知的財産に特化した弁護士は、力強いのではないでしょうか。


TOPへ戻る