愛知で知的財産に強い弁護士を探す方法

モノ作り大国愛知で知的財産に強い弁護士を探すには

安全な営業活動の為に

有名な自動車メーカーをはじめ、愛知は県内の全産業のうち製造業の占める割合が高い地域です。
言うなればモノ作り大国といったところでしょうか。

製造業が営業活動を進めていく中で、特許権などの知的財産をめぐる問題は、避けては通れないものです。
自社製造物でない、偽物が販売されている。
似たような、自社と見分けが付きにくい表現がある。
あるいは他社から、性能やパッケージの真似をされているという抗議があった。
などの事例は、後を絶ちません。

これらは産業スパイのように意図的に行われることもあるでしょうし、時に無意識な結果としてそうなってしまった、ということもあるかもしれません。

また、どこが似ていて、どこが似ていないのか。
似ているとした部分は、本当に権利を侵害する程度なのか。
専門家でないと分からない部分であると考えられます。

真似をしているのか、それとも真似から始まって、さらに工夫を加えたオリジナルだ、という主張もあるかもしれません。

そうしたトラブルを解決する為に、知的財産という考え方が存在します。
知的財産は、特許権、実用新案、意匠兼、商標権、著作権などに細分化されます。
そして知的財産を守る相談に、弁護士が乗ってくれます。

製造業が盛んな愛知で、知的財産を強く守ってくれる弁護士は、どのように探せばよいでしょうか。
知的財産とはどのようなものかも掘り下げ、ご紹介していきます。
それらを大まかにとらえつつ、弁護士探しの参考としていただけましたら幸いです。

TOPへ戻る